全柔拳連盟のご案内

全柔拳連盟とは

地曳秀峰老師
今や健康法として広く知られるようになった「太極拳」ですが、
この太極拳をはじめてに正式に伝えたのは
1959(昭和34)年、 中華民国の人間国宝にあたる
中国武術界の大家・王樹金老師です。

1980年、王樹金老師より、地曳秀峰を会長として開設の命を受け、分会として「中華武術誠明会」が設立され、
同時に大東流合気武道、眞陰流といった古流柔術の指導を兼ねる
「全柔拳連盟」が設立されました。


地曳寛子会長また台湾団体である中華國術國際聨盟總會の分会でもあります。
国内マスコミはもちろん、 海外のジャーナリズムからも高い評価を得ています。


2013年、地曳秀峰初代会長は名誉会長に就任し、
同時に、地曳寛子先生が二代目会長に就任されました。 
就任にあたっての挨拶はこちらから

台湾団体公認

台湾団体認定地曳寛子会長は、中華民国の団体より支部長の任命を受け、当連盟は、支部(中華國術總會)となっています。

台湾団体が主催する中華武術世界大会には代表として伝統拳に毎回参加 しています。
2008年には、一位、二位、三位を当連盟の会員が独占するという快挙を成し遂げました。

組織

名誉会長 地曳 秀峰  Hidemine Jibiki
会長 地曳 寛子  Hiroko Jibiki
特別顧問 川岸 和男  Kazuo Kawagishi
主席会長補佐 風間 章一  Shoichi Kazama
会長補佐 萩澤 成彦  Narihiko Hagizawa
谷内田 一郎 Ichiro Yachida
植月 恵一郎 Keiichiro Uetsuki



全柔拳連盟■設 立 1980年

■渋谷駅前本部道場
 国際教練 5名、指導員 40名

■支 部 数
 全国51支部、海外6支部

■主要教科
 太極拳、形意拳(けいいけん)、八卦掌(はっけしょう)
 気功、大東流合気武道

渋谷本部へのアクセス

 



JR線でいらっしゃる場合 「新南口」を出ます。ここから徒歩すぐです。
山手線の場合、少し構内を歩きますが、「新南口」が大変便利ですので、こちらをご利用ください。




1.改札を出て階段を降りたら左手を向いて下さい。すぐにビルが見えてきます。




2.新南口から徒歩30秒です!





3.道場の入口はビルに向かって左側です。




4.ようこそ渋谷本部へ。






地下鉄・東急東横線でいらっしゃる場合 「16b」出口から地上に出ます
ここから徒歩約2分です。



1.地下鉄「16b」出口から地上に上り、通りに沿って100mくらい直進します。




2.最初の信号の角を右に曲がります。




3.そのまま直進します。




4.道場の受付は、ビルに向かって左側の入口です。




5.ようこそ、渋谷本部へ!






井の頭線でいらっしゃる場合 「中央口」から直進します

1.「明日の神話」の横の階段を下ります。




2.階段を下りたら直進し、突き当たりを右に曲がります。




3.10mくらい先の階段を下におります。




4.突き当たりを、左に曲がります。




5.「JR南改札」を右側に見ながら直進します。




6.突き当たりを「左」に進み、すぐにエスカレーターで地下におります。




7.エスカレーターを下りて「右」に進みます。




8.「16-b」出口を目指します。




9.突き当たりを右に進み、エスカレーターで地上へ。




10.通りに沿って100mくらい直進します。




11.最初の信号の角を右に曲がります。




12.そのまま直進します。




13.道場の受付は、ビルに向かって左側の入口です。




14.ようこそ、渋谷本部へ!



東京都渋谷区渋谷3-21-11-1F  渋谷駅東口より徒歩3分